会社の印鑑、角印

会社の印鑑にも、個人で使う印鑑と同じように、実印や銀行印、認印にあたるさまざまな印鑑があります。会社では丸印、角印、横判などと呼ばれていますが、なかでもよく使われるのが丸印と角印です。名前の通り、形が丸い印鑑と四角い印鑑のことなので、この2つの印鑑は役割も異なります。

丸印丸印は代表者印とも呼ばれ、中央に「代表取締役印」などの役職が入り、その周囲に会社の名前が丸く彫られています。会社を設立する際にも必要になる印鑑で、法務局に登記します。個人の印鑑にたとえると実印にあたるものです。個人の実印と同じように、社会的な責任や法的な義務が発生する書類に捺印されることが多く、契約書を交わす際などに使われる大切な印鑑です。一方の角印は社判とも呼ばれ、社名が彫られています。「株式会社○○之印」などと記載され、個人の印鑑でいえば、認印にあたります。見積書や請求書など、日常的に発行されている書類に捺印される印鑑です。

会社で発行される書類に捺印する印鑑の種類は、角印でなければならない、というものではないので、丸印と銀行印だけを作成して、角印を作らない、という会社もあります。しかし、代表者印であり、会社の実印でもある丸印は、会社で1本しか登録できない印鑑。さまざまな書類に気軽に押印できるようにしておくのは、危険も伴います。しかし、一定権限の人以上でなければ押印できないように保管しておくと、急ぎで作成しなければならない請求書等の発行に遅れが出る場合もあります。会社設立時には、角印も一緒に作っておきましょう。

使用頻度が多い角印だからこそ、コストパフォーマンスも考えて作りたいものですね。このサイトでは、印鑑通販サイトを利用した角印購入のポイントを紹介します。