角印作りのポイント

角印はサイズや材質などに決まりがあるわけではありません。大体18ミリから24ミリ角で作られることが多く、複製が難しい、てん書体や吉相体と呼ばれる書体が選ばれます。見やすいことも重視される印鑑なので、読みやすい古印体を選ぶ会社も少なくありません。社名の後に「印」「之印」と付いていることが多いのですが、どちらになるかは、社名の文字数とのバランスで決められます。どちらが正しいというものではありません。

材質材質は、チタンや黒水牛が人気です。どちらも耐久性に優れているため使用頻度が高い角印に適しています。認印のように使用する角印とはいえ、頻繁に変わるのはいい印象はしないこともあり、長く使える素材を選ぶ会社も多いです印鑑通販サイトでは、水牛は10,000円~、チタンは15,000円~が相場です。樺や柘植などは、価格も手頃で捺印しやすい素材として人気。3,000円~で販売されていることが多い素材です。手頃な価格とはいえ、昔から印鑑に使われている素材なので、簡単に欠けたり破損したりすることはありません。手触りがやわらかく、捺印しやすいため、毎日使う印鑑としては、おすすめの素材です。

日常的に使う印鑑として、1つ作っておくと便利な角印。印鑑通販サイトを活用して、賢く、予算にあった角印を作りましょう。